ブランド紹介

◆ZARA ザラ(スペイン)◆

【担当アテンダント Reika Makihata

 

 

INDITEXグループのスペイン発のファストファッションブランドで、1975年繊維の町「ア・コルーニャ」のダウンタウンに1号店をオープンします。

後にポルトガル、アメリカ、フランス、メキシコ等 世界各国に進出させ、1997年日本にもZARA JAPANが設立されました。

1998年には日本第1号店を渋谷に開店させ、2009年には渋谷に50号店、2017年には100店舗を構えるようになります。
又、2011年にはオンラインショップも開設されました。

特徴として、ファッション性に優れた洋服をレディース、メンズ、キッズ共に手頃な価格で、幅広く展開する事で人気を得ています。
200人以上のデザイナーが1シーズンに3万以上のモデルをデザインしており、企画・デザインから製造・販売までを自社で担い、卸売業者を介さないことで、コストダウンや在庫管理の円滑化、消費者ニーズへの素早い対応を心がけています。

又、ザラジャパンでは1週間に2回の頻度で新商品が投入され、店頭には常に新しい商品が並べられている事も人気の理由の一つです。
生産拠点はポルトガル、中華人民共和国、インド、トルコ、に分散しており、生産された商品はいったんスペインの物流センターに集められた後、ヨーロッパの国に対しては24時間以内に、アメリカ・アジアの国に対しては48時間以内に届けることができるようになっています。

ZARAのレディースにはWOMAN、BASIC、TRFという3つのセクションがあり、
中でもWOMANがZARAの顔とも言われる最も重要なセクションになります。
3つの中では一番高価格ですが、素材やデザインに洗練された商品が揃います。

BASICはその名の通り、BASICに着こなせる一般受けが良い商品が揃っており、価格もお手頃になっています。オススメなのは、アウター類ですね。

TRFは(TRAFALUC)の略称であり、カジュアルルックを意識した商品が揃っており、
3つの中でも一番価格が安価となっています。
Tシャツやデニムはデザインやカラーバリエーション豊富に取り揃えています。

 

SNSが流行してきた2014年に”インスタグラマー”や”ファッションモデル”によって更に知名度が上がります。

それまではZARAの購買層は30代をターゲットにしていたが、最近ではSNS、ブログ、雑誌効果により20代にも爆発的な人気を誇るようになりました。
2017年度には「ZARAの花柄刺繍シャツ」が全国的に目撃情報が多発した為、異例のニュースにまでなりました。

更に今年の夏には、ZARAのドットワンピースが人気過ぎるあまり「ZARAのドット柄ワンピースを着用した人」専用のインスタグラムのアカウントまで誕生しました。

ZARA愛用者で世界的に有名なのはキャサリン妃、カーラ・デルヴィーニュ、ベラ・ハディット、ジジ・ハディット
日本の芸能人では、長谷川京子さん、中村アンさん、ダレノガレ朋美さん、ローラさんが愛用者です。

PANTS ¥5,900(ZARA)、TOPS ¥1,290(FOREVER21)

私がZARAを好きな理由は、自分が柄物や原色や蛍光色など派手な物を好む為、ZARAだと海外ならではの独特なデザインや奇抜な物もあるので選びやすい事と、シンプルで使い回しの効く物も多数置いている所ですね。

毎日スタイルを変えたくなる性格なので、シーズンごとに新しく似合う物探しする時にはZARAはうってつけです。

又、身長が高いので日本人向けのブランドだと丈の合う物で且つデザインも好きなデニムやアウターを探すのに苦労しますが、ZARAだと基本すぐに見つかるので助かります。

それから何と言っても値段が安い事ですね。セール終盤では、80%OFFにまでなるので毎回狙い目です。