ブランド紹介

◆UNIQLO ユニクロ(JAPAN)◆

「世界中が愛するブランド UNIQLO(ユニクロ)」



国内海外合わせて2,347店を展開する日本を代表するジャパニーズブランド。皆さんも1着は持っているのではないでしょうか?

部屋着からお出かけ服まで、幅広い商品展開であらゆる人がカジュアルに着ることのできるブランド、みんな大好きUNIQLO(ユニクロ)を歴史と共に紹介します!!

1949年 ・ 個人商店として創業。
1984年 ・ 広島市に「ユニクロ」第1号店オープン
1998年 ・ 東京進出(原宿)フリースが人気となり注目を集める(年200万枚販売)
2000年 ・ イギリスに進出し、海外展開スタート・OC(財団法人日本オリンピック委員会)オフィシャルパートナーシップ参加
2003年 ・ ヒートテック発売開始
2006年 ・ 低価格志向の「GU」を出店 GUの記事はこちら
 ・
 ・
 ・

今もなお進化を続けている日本のファストファッションブランドです!!いつでも・どこでも・誰でも着られるファッション性のある高品質なベーシックカジュアルで
フリース、スキニージーンズ、ブラトップ、ヒートテック、UT(Tシャツ)など次々と大ヒット作を産出!我々のファッションを支えていると言っても過言ではありません。
また、2009年から始まったジル・サンダー氏とのコラボコレクション「+J(プラス ジェイ)」をはじめUTコレクションでは様々なカルチャーと融合。最近ではラグジュアリーブランドMARNI(マルニ)とのコラボレーションも記憶に新しいですね。

UNIQLO(ユニクロ)が世界中で愛される理由


1 チラシどおりの品ぞろえ
頻繁にを行なっている印象のUNIQLO(ユニクロ)。チラシ通りの品揃えで種類・色・サイズが分かりやすく陳列。

2 徹底して平等に接客
人種、年齢、性別、常連か否かに関わりなく平等な接客と店舗構成を実現。販売スタッフが客に必要以上の挨拶や声掛けを行わない。必要な時だけ声掛けを行い、それ以外の時間には陳列棚の整理などに費やし客が自由に商品を選べる安心感がある。

3 「高品質」「高機能」「デザイン性」「低価格」のすべてを実現。
特に「低価格」については従来の業界の常識をゆるがし、日本人のライフスタイルをはじめ新しい時代を切り開いている。


ユニクロがめざしているのは、「人々の生活をより豊かに、より快適にする究極の普段着」です。ユニクロは、このLifeWearという、世界唯一の新しいカテゴリーの服を追求し、最高の品質と誰もが手に取れる価格の両立に挑戦しています。世界中のあらゆる人に、服を着る喜びを提供するのがユニクロの使命です。(UNIQLO公式HPより引用)

そんな日本を代表するアパレルブランドUNIQLO(ユニクロ)の着こなしは
多くのアテンダントが得意としています!!ぜひ、お声がけくださいね!!

【UNIQLO(ユニクロ)公式オンラインストア】
https://www.uniqlo.com/jp/ja/
【Instagram】
@uniqlo_jp https://www.instagram.com/uniqlo_jp/?hl=ja