ブランド紹介

◆Libby&Rose(JAPAN)◆

【紹介アテンダント 】

 

Libby&Rose 公式ホームページ】

https://www.libby-rose.com/

 

【このブラントと私の出会い】

出会いは2年前、渋谷で暇潰しをする事があり、
久しぶりに109に立ち寄ってみたのですが、
その際にたまたまこのショップを見つけました。

元々、レトロな雰囲気や、色柄物、ちょっと
変わったデザイン、形などが好きだった為、
久しぶりにバチっとハマるショップを見つけて、
非常に興奮した事を覚えています。

また、テイストがハマった事は勿論なのですが、
プチプラなのに手が抜かれていないのです。

たまに通販で海外のショップを利用しますが、
Libby&Roseの魅力を知っていただきたいので、
海外のプチプラ製品とLibby&Roseの製品の
違いについてお伝えしたいと思います。

誤解の無いように前置きさせていただきます。
海外のショップは全てがそうではありませんが、
プチプラのショップは下記のような事が割と
多く起こり得る、でも、可愛ければ結局買う、
という前提で申し上げます。

まずは値段。
海外のプチプラショップのワンピースは、
2000円台から4000円台のものが多い。

Libby&Roseは3900円均一です。【消費増税後】
【消費増税前は3500円均一でした。】
ここはさほど変わりません。

次に生地感についてです。
海外のプチプラショップはシフォンはガサガサ、ニット系は糸が硬くゴワゴワ、厚みはペラペラ。

Libby&Roseはレースでもシフォンでも、
とてもしっかりと丈夫な生地を使用しており、
シフォンやジャージーはサラサラ、コットンは
厚みのある、ふんわりした肌触りです。

次に作り、縫製についてです。
海外のプチプラショップは、ボタンやホックなど
部品を出来るだけ使わないよう作られていたり、
ボタンホール自体が開いていなかったり、
縫い後の糸が出っ放しになってしまっていたり、
ファスナー周りなどがすぐほつれます。
脇周辺は特に縫製が甘いものが多く、一度、
購入したワンピースの脇から袖までが袖を通した
瞬間に全てほつれた事もありました。
生地の端の始末は全てかがり縫いです。

Libby&Roseはボタンやホックがデザイン上
必要であればちゃんと付いていますし、
当たり前ですが、丈夫に縫い付けられています。
勿論、縫い後の糸も出たりしていませんし、
生地の端の始末は基本的にはまつり縫いです。

その他、海外ショップのものは、ポケット無し、
裏地無しか若しくはパンツしか隠れないくらいの
非常に短い丈の透ける裏地、ウエストはゴム、
ウエストゴムの縫い付け無し、タックやダーツは
無いのでシルエットも横に広がりがち。

Libby&Roseはデザインによりポケットを付け、
必ず裏地付きで長さも足捌きが良い丈まであり、
透けません。ウエストもボタン、ホック等あり、
ゴムの場合はちゃんと縫い付けられているので、
着用時にゴムがひっくり返る事もありません。
タックやダーツもついておりラインもキレイ。

 

【このブランドはこういう人にあってる!
等のオススメな方】

・レトロ、ヒッピー、モードな雰囲気が好きな方
・幾何学模様などの色柄物が好きな方
・ちょっと変わったデザインのものが好きな方
・派手めなファッションが好きな方

 【このブランドのアイテムと
相性が良いならコーディネートは?】

アイテムの中ではレトロなワンピースが多く、
帽子、ブーツなどの合わせが良く合います。
大人の女性の場合は、カジュアルになり過ぎない
よう、ヒールやシンプルな小物を合わせた
シックなコーディネートもオススメです。

カジュアルなアイテムもあります。折角なので
トップスかボトムスどちらかはレトロアイテム、
片方はシンプルなアイテムにするなどしたら、
色柄物に抵抗があった方も楽しめると思います。

 

【ブランドの背景(バックボーン)】

株式会社ネクストインターナショナルが運営。
14年前の創業当時は【PINK DIAMOND】という
ブランドを全国に27店舗展開していた。
バンドマン、原宿系のスタイルが好きな人向け。
ロゴT、ジレなどのアイテムに、ベーシック
カジュアルなアイテムも併せて販売。
しかし、時代の流れにより、全国の既存店舗は
新しいブランド【SpRay】【Libby&Rose】に
リニューアルをして行った。
現存するのはイオンモール川口前川の1店舗のみ。
また、新しいブランドは全国に41店舗展開中。

【特徴、購買層属性】

「NEW VINTAGE」がコンセプト。
60年代のヒッピーライクなものを基調にして、
70年代のウエストコーストスタイルまでの
アメリカンカジュアルに、トレンド、モード、
ストリートを加えたデザイン。
ニーズに合わせた手に取りやすい価格設定で、
製造~販売まで、上述会社が一貫して手がける。
主に10代~20代の学生、OLがターゲット。
ちょっと人とは違うものが好きな女性に人気で、
購買層には30代女性も含まれる。

【このブランドを愛用している有名人】

・相沢まきさん
・乃木坂46、吉田彩乃クリスティーさん
・スタイリスト大瀧彩乃さん【横澤夏子さん】
・スタイリスト相澤樹さん【久本雅美さん】
・【会社】株式会社オサレカンパニー

【過去に私がLibby&Roseで買ったアイテム】


・ワンピース → Libby&Rose 3500円
・カーディガン → H&M 1799円
・ベルト → Libby&Rose 1800円
・バッグ → topic 4990円
・ピアス → ANEMONE 2300円
・マジェステ → ANEMONE 2300円
・ブーツ → ZARA 9990円
・靴下 → UNIQLO 300円
・腕時計 → J-AXIS 2980円